外壁塗装お役立ち情報

後悔しない外壁塗装の選び方

後悔しない外壁塗装の選び方

後悔しない外壁塗装の選び方 外壁塗装は品質が高い塗装業者を選ぶことが大切です。
そのため、塗装会社を選ぶ場合には幾つかの業者に見積もりを依頼し、信頼出来る塗装業者はどこなのかと言ったことを比較することが大切です。
また、品質が高い業者を選ぶことで後悔せずに済むと言うメリットが在ります。
外壁塗装は下地調整の工程が重要であり、下地を綺麗に作り上げる、丁寧な仕事をする塗装業者に依頼することで、外壁には耐久性を維持してくれる塗膜をしっかりと形成することが出来ます。
しかし、下地調整を適当に行うと、暫くして塗膜が剥がれてしまうなど、品質が悪い塗装になってしまい後悔する事も在るため塗装業者選びは慎重に行う必要が在ります。
尚、外壁塗装では塗料の種類を選んだ後に、色を選ぶことになります。
色選びは小さなカラーサンプルを利用して行う事になりますが、小さな面積では綺麗に見えた色も、外壁に塗る事で地味になってしまう事も在ります。
塗装は一度行えば10年前後そのままの状態になるため、後悔しないためにも色選びは慎重に行う必要が在ります。
カラーサンプルを利用する場合には、外壁に押し合えてて色合いを確認したり、複数の色を使って塗装を行う場合は、カラーサンプルを数枚並べて色合いのチェックを行う方法がお勧めですし、塗装業者の中には試し塗りを依頼できるケースもあるので、このような業者を選ぶのも色選びで後悔しないコツと言えます。

塗料は何が向いてる?

塗料は何が向いてる? 外壁塗装に利用される塗料と言うのは、グレードの低い順にみていくと、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、そしてフッ素樹脂塗料と言った4種類の一般塗料が在ります。
グレードと言うのは耐用年数を表しており、アクリル樹脂塗料の耐用年数は5~8年であり、耐用年数としては短くなりますが、その分コストが安いと言った特徴が在ります。
ウレタン樹脂塗料は8~10年、シリコン樹脂塗料は10~15年、フッ素樹脂塗料は15~20年の耐用年数が在ります。
尚、外壁塗装にはどの塗料が向いてるのか、何を使えば良いのかと言う事になりますが、耐用年数が長いグレードの高い塗料と言うのは1平米当たりの単価が高くなるため、予算に応じて塗料の種類を選ぶことになります。
また、塗り替えを定期的に行って家のデザインを変えたいと言う人も多くいるのですが、耐用年数が最も短くて、コストが安いアクリル樹脂塗料が向いてると言えます。
逆に、塗り替えのタイミングを長くしたいと言う場合には、シリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料の何れかを選択する事になるなど、塗り替えのタイミングがどの程度か、そして外壁塗装の予算がどれだけ用意することが出来るのかなど、ニーズに合った塗料を選ぶことが大切です。

おすすめ外壁塗装関連リンク

マンション・アパートの塗装・防水・外壁改修工事・雨漏り修理に即対応してくれます

外壁塗装 東京

 
 
Copyright (c) 2016 外壁塗装お役立ち情報. All rights reserved.